RSS
 

100年柿 約2kg

歴史と伝統を受け継ぐ100年柿

100年柿 約2kg

価格:

2,160円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

樹齢100年を越える歴史と伝統を受け継ぐ100年柿

 

宮川俊二さんとごいっしょに

樹齢百年を超える柿の木を見に、元NHKアナウンサーであり、現在フリーアナウンサーとして活躍されている宮川俊二さんが今春(2012年)吉野までお越しくださいました。幹の太さや枝繰りの長さなど大変驚いておられました。
すごく長身のスラッとした宮川さんですが、柿の横に立たれると小さく感じられる程です。

 

 

明治36年開墾 6代目園主が先代より受け継いだ 伝統の柿

通常、柿の樹は30年ぐらいで植え替えるのですが、堀内農園の樹は樹齢100年を超えます。

若い樹はどうしても実の出来にばらつきがでてしまいますが、ある程度年月の経った樹の柿は安定します。

「古い樹の実は、なんちゅうか奥深い味がするんですわ。」と園主。

樹齢100年以上の樹を育てている農家は吉野地方に数軒しかありません。

6代目園主堀内俊孝

 

堀内農園の栽培のこだわり

柿

その1 果実の数を減らし、収量より味を追求!


樹に負担をかけすぎず、毎年安定して良い実が出来ます。

摘蕾、摘果を行い、果実の数はなんと約1/15の量にまで減らします。

その2 葉と実に、光を良く当てる

標高300mの吉野の開墾した山の斜面に作った農園は、日当たりが良く、柿の栽培にはとても良い環境。

葉と実に、たっぷりと日光を当てています。

その3 有機堆肥・地域循環地域の木材をチップにして堆肥にしている
栄養過多にならないよう、あくまでも養分バランスを重視して堆肥を投入しています。

 

こだわりの脱渋法がうみだす サクサクの食感

〜和〜堀内農園の柿は、サクサクの食感をお楽しみ頂けます。

それは、脱渋(渋みをなくすこと)の方法が違うからなんです。昔から行われてきたのは「炭酸ガス脱渋」と「アルコール脱渋」。炭酸ガス脱渋は、脱渋に5日かかり、その間に果肉が柔らかくなってしまいます。一方のアルコール脱渋は、味は良いが、表皮が黒ずんでしまい見た目が悪いという弱点がありました。これを克服したのが当農園で行なっている「気化アルコール脱渋」!
この方法で脱渋している農家は全国で3%以下!(当農園調べ)。「アルコール脱渋」の味の良さを保ちつつ、見た目はきれいに、しかも期間が短く済むため、サクサク食感の鮮度感を残したまま渋抜きをすることが出来るのです。

柿

 

包装
包装について

銘入りのギフト箱にて梱包し、お届けさせていただきます。

 

柿の出荷について

毎年8月頃より予約を受付させていただいております。-->ご予約受付中!
発送10月20日〜11月10日頃予定しております。
※発送時期は収穫の年により若干の変動がございます。

ページトップへ